施設紹介

業務内容

関連機関

FAQ

コラム

今月のレシピ


コラム                                                                                     

2019.01


新年のご挨拶

 新年あけましておめでとうございます。
 皆様には、健やかな新年をお迎えのことと思います。
 昨年も多くの皆様の温かいご支援をいただき、子ども達は無事一年を終えることが出来ました。

 今年は亥年ですが、亥は十二支の最後です。十二支には、それぞれに季節が割り当てられており、亥の季節は冬とされています。春の芽吹きまで、じっと固い種の中でエネルギーを蓄えて次の世代へ向かう準備をするという意味の年と言われています。
 また、亥は猪肉の栄養価が高く病気予防になることから、「無病息災」の意味もある年とも言われています。
 このような亥年の今年ですが、子どもたちのとって、幸せな一年であることを願っております。

 さて、平成28年に児童福祉法が改正され、子どもが権利の主体であり事が位置付けられるとともに、家庭養育優先原則が明記されました。この改正を受け2019年度末までに、新たな「都道府県社会的養護推進計画」を策定することになっており、現在長野県においても進められております。

 この推進計画では、社会的養育の体制整備の基本的考え方と合わせて、各施設の小規模化、高機能化及び多機能化・機能転換に向けた計画も盛り込まれることになっております。
 このため、当乳児院においても今年は、今後の方向性を定める非常に重要な年となっています。

 最後になりましたが、今年も職員一同、子ども達に「安全・安心」を提供し、より良い養育の場となるよう努力する所存です。
 本年も宜しくお願いいたします。
  
                                     院長  高橋 伸治